第25回オガサカSSカップスキー大会報告


昨年、お休みしました大会ですが、今年の大会で25回目を迎えることができました。

毎回のことですが、今年もかたしな高原スキー場様が、素晴らしいコースを設営していただきました。 前日の準備ではみぞれまじりの雨でしたが、また、神様の大会です。朝には快晴で気温も低くバーンも締まり最高の状態でした。 総合優勝は、2本目の難しいセットを高度なテクニックでラップでうばい、1本目の遅れを逆転した、 栗原祐二郎選手が獲得。2本共に2位と安定感を見せた小島選手が総合でも2位に、男子クラスからの初の総合優勝を期待された栗原修平選手が男子1位とあわせて3位に入賞しました。1本目ラップの小林雅樹選手は、2本目で大きなミスでタイムをロスし、またも初優勝をのがす結果となりました。 高速で難しいをセットにより、転倒や大きなロスをする選手が多いなか、両和佐田選手や長根選手など、ベテランの実力者の健闘もみられた大会となりした。


ダウンロード
25回大会総合成績
25回大会の成績がダウンロードできます。
SS25.xls
Microsoft Excel 40.0 KB