第20回オガサカSSカップスキー大会報告


朝から雨が降り、競技進行があやぶまれましたが、開会式には雨もあがり、雪温も低くこの季節としては良いコンディションに恵まれた大会となりました。今回も斉藤先生・丸山先生のライバル対決から競技が開始され、片品スキー場様のご協力により昨年同様2つの大きなウエーブが作られ最高に整備されたコースにて、記念大会にふさわしい、盛り上がりをみせた競技が展開されました。ハイレベルな戦いを制したのは、2本共にラップタイムを叩き出した、渋川SCの小林正明選手が完全優勝を成し遂げました。彼の時代が続くのか楽しみです。作者は見事に転倒しNRとなりましたが、VIPの桜井選手やミドルの栗原選手など、VIP女子も含めベテランの活躍も見事でありました。

                        2006(平成18年)4月2日

ダウンロード
20回大会総合成績
20回の成績がダウンロードできます。
SS20.xls
Microsoft Excel 59.5 KB