オガサカSSカップスキー大会


 

オガサカSSカップスキー大会は、第4回(1967年)第5回(1968年)の全日本スキー連盟デモンストレーター選考会を連覇し、第7回バドガシュタイン・インタースキー、第8回アスペン・インタースキーに、日本代表として派遣され、当時の日本のスキー技術の高さを世界に紹介し、その後現在に至るまで、日本のスキースポーツの発展に尽力する、斎藤城樹氏の関係者による大会です。

オガサカスキー製作所様と、かたしな高原スキー場様の協力により、2012年で25回大会となります。

 

写真左が斎藤先生、右は当時のライバル丸山周司先生


ダウンロード
過去成績
第11回大会から第18回大会の成績がダウンロードできます。
seiseki.xls
Microsoft Excel 294.5 KB